“YAMAGATA BIENNALE 2016” | Nozomi TANAKA “YAMAGATA BIENNALE 2016” – Nozomi TANAKA

 

     
“YAMAGATA BIENNALE 2016”

「山形ビエンナーレ2016」とは山形県山形市の各文化施設、七日町界隈、東北芸術工科大学などを会場に、市民・アーティストが参加する地域アートプロジェクトである。自身はアーティストとして参加。十日町にあるギャラリー絵遊および同敷地内にある蔵・ダイマスを会場に、個展形式の展覧会を行った。展覧会タイトルは「山の神の縁日」とし、キャラリースペースでは吊り下げ型の、高さ5m20cmの大作を展示し、併設の蔵では絵巻の公開制作を行った。モチーフはいずれも山形の信仰に関わるもので、自らの取材をもとに作品プランを立てた。山形という地名は、龍山という、山形市内ならどこからでも見える山に由来すると言われ、かつての山とまちの精神的な連続性を、作品によって呼び起こすような展示となっている。公開制作中は、市民の方との会話から地域の歴史について学ぶことが多かった。


Date: 03/14/2018 | Category: | Name: Nozomi TANAKA