仙台の”何もなさ”を歩く(2) | Nozomi TANAKA 仙台の”何もなさ”を歩く(2) – Nozomi TANAKA

仙台の”何もなさ”を歩く(2)

仙台に対して「”何もない”と感じる」とはどういうことだろうか。
 
「仙台でも調べればちゃんと歴史はある」では、この問いの応えにはならない。
「調べればどんなところにでも歴史はあるはずだが、なぜそれが”見えなく”なっているのか」ということについて、
・”何もなさ”を一体どのようなこと・ものから感じているのか?
・”何もなさ”はどのようにして作られていくのか?
上記のようなことを自分なりに考察していきたいと思う。
 
この問いを設定する背景として、ひとつは、先日の記事で書いている。
それに加えて、もうひとつは、仙台の歴史や文化というと、伊達政宗関係のことには触れやすいが、伊達関係以外のことがどうも見えにくいと感じることにある。
確かに、仙台を築いたのは伊達政宗なので、仙台市の歴史といえば伊達関係の資料が中心になるのは当然のことかもしれない。
 
仙台がどのような歴史を経て、今の自分たちの暮らしに繋がっているのかを知りたいと思い、何度か仙台市博物館を訪れてはみるものの、「なんか伊達関係のことしかよく分からなかったな…」というのが見終えて実感として残る。
自分の住む団地の近辺がどのようになっていたのかを知りたいと思い、解説ボランティアの方に、伊達政宗が仙台に築城する以前の青葉山の姿について伺うと、「それは資料が残っていないのでちょっと難しいかもしれない。市博は、収蔵品の多くが伊達関係資料の寄贈から成るので、たしかに伊達関係以外の歴史についてはあまり知ることができないかもしれない」と教えて頂いた。
しかし、その欠如から考えられることもあるような気がした。
たとえば、常設展示にある『仙台城のすがた』には、伊達政宗は慶長5年(1600)、青葉山に仙台城を築き始め、翌年には城下町をつくり始めた。この場所には政宗以前の領主国分氏の千代城があったといわれている。」という記述がある。(伊達政宗の仙台運営が始まる直前まで、青葉山には中世の寺院があったと聞いていたが、それは国分氏の城のことなんだろうか?)その地を治めるものが入れ替わるにあたって、どのような力が働いたのだろうか。また、それによって、青葉山に与えられる意味や役割も何かしらの変化があったのではないだろうか。
国分氏について調べてみよう。
 
 
それから以前、仙台の歴史や文化の多くが失われた出来事として、「戊辰戦争」の影響の大きさを教えて頂いた。そのときは気がつかなかったが、たしかに、戊辰戦争とそれからの明治維新は、仙台のみならず日本が大きく変化をしていく出来事だった。明治維新による影響という点から仙台市内の寺社について調べると、仙台市のウェブサイトでは次のように書かれている。
 
 
明治維新後の仙台の寺・神社
 
明治維新後の寺や神社は、それまで藩から与えられていた領地が没収され、扶持米(ぶちまい:家臣のように藩から支給される俸給米)も打ち切られて、経営を維持することが苦しくなった。
廃絶したり近隣の寺社に吸収される例が多くあったほか、広い敷地を切り売りしたところも多い。また、明治元年(1868)の神仏分離例によって寺と神社は信仰と経営の両面で切り離され、廃仏毀釈(はいぶつきしゃく:寺や仏教徒を否定する運動)も起こって,荒れ放題になる寺院が少なくなかった。明治5年(1872)には修験が禁止され、廃寺となったり改宗した修験寺も多かった。

ー仙台市ウェブサイトより(http://www.city.sendai.jp/waka-katsudo/wakabayashiku/machizukuri/miryoku/terameguri/yogo.html
 
 
こうして見ると、大きな出来事としては、戦前〜戦後、戊辰戦争〜明治維新、仙台〜千代という変革期が仙台には存在しているようだ。一つ一つの変化の性質については、まだよく分からないが、この大きな出来事の前後で歴史は更新されてきたということなのかもしれない。このような節目は調べればもっと出てきそうだが、どうだろうか…
 
 

▲仙台城の石垣 
 

▲青葉山から北方を見渡す(撮影日:2018/4/14)


Date: 06/22/2018 | Category: フィールドノート|仙台 | Name: Nozomi TANAKA