土祭2018 | Nozomi TANAKA 土祭2018 – Nozomi TANAKA

土祭2018

土祭2018に参加いたします。
 
*****************************
【土祭】
土祭は2009年から3年おきに開催され、今回で第4回目の開催となります。
「文化の力で地域を元気にする」という考えのもと、
「益子のならではの文化」を土祭では問い続けています。
今回の土祭では地域住民による「地域プロジェクト」の他に、
町内各所にアート作品の展示、初めての企画である「食プロジェクト」や
「オカリナプロジェクト」「旧小宅小プロジェクト」が開催されます。
また、10月7日(日)には長堤八幡宮にて太々神楽が後・土祭として開催されます。
下記内容が開催日程でございます。
皆さんのご来場お待ちしております!
〇土祭
開催期間: 9月15日(土)~9月30日(日)
場所: 栃木県益子町
〇後・土祭
開催日: 10月7日(日)
場所:  長堤八幡宮      
※ アート展示・旧小宅小プロジェクトを見るためにはガイドブック(税込1000円 詳細は公式HPへ)の購入・提示が必要となります。
※ アート作品展示は9/15(土)から9/30(日)まで行われます。 
益子町へのアクセス

アクセス-土祭に行くには


土祭公式ウェブサイト(随時更新中)

土祭2015


問い合わせ先
栃木県芳賀郡益子町益子2030
益子町観光商工課内
土祭実行委員会 土祭事務局
Mail: info@hijisai.jp
Tel: 0285-72-8873(受付時間 平日8:30~17:15)
Fax: 0285-70-1180
*****************************
 
土祭は、2014年に知ってからいつか関われたらいいなぁと思っていたのですが、思いがけず今年お声がけを頂き、とても嬉しいです。
地域のアートプロジェクトには、さまざまな立ち位置があると思いますが、土祭は、この土地と関わることから生まれるものを大切にしている、この土地のためのお祭りという印象を私は持っています。それは土祭のホームページ内にまとめられている、「益子の風土・風景を読み解くプロジェクトの記録」(土祭基礎資料)を見て、そしてこれがちゃんとホームページに誰もが見れるように公開してあるということから、強く感じるところなのですが。
私自身が何かものを作るにあたっても、足下の暮らしがどのように成っているのかを知ることからはじめたいと思っているので(というか、その過程がないと自分は何を作ればいいのか考えられないので)、アートプロジェクトの中に(土祭を”アートプロジェクト”と称して良いのかよく分からないのですが)「風土・風景を読み解くプロジェクト」というものが仕組みとして入っていることにとても共感します。
私も自分なりに、地域の方に大変助けられながら、この土地を観て、作品を作りました。(正直いうと、取材込みでの制作期間としてははものすごく無理があるスケジュールになってしまいました。)
今日どうにかこうにか設営をしてきましたが、そうした体験やリサーチがしっかり作品に活かせただろうか…ということや、その土地と関わりながら制作するということが公共性という側面でどんな意味があるのかということなど、少し自分の手が離れた段階でもう一度考えてみたいと思っているところです。こうした大きな災害が続くとなおの事、自分が行なっていることの意味を考えさせられます。
約2週間の開催期間ですが、ぜひ益子へおいで下さい。


Date: 09/15/2018 | Category: お知らせ|展示 | Name: Nozomi TANAKA