作品を作ることの苦しさについて | Nozomi TANAKA 作品を作ることの苦しさについて – Nozomi TANAKA

 

     
作品を作ることの苦しさについて

どうにか展示が始まったとき、置かれた作品を見て初めて、そのテーマと向き合った自分自身の存在に気がつく。作品は何かの結果や結論を形にしたものというよりも、そのテーマについて考える方法そのものであると思う。「生みの苦しみ」という言葉はよく聞かれることだが、私にとってはそれは「(自分自身が)生まれ変わることの苦しみ」という感覚に近いなと思った。


Date: 02/24/2019 | Category: 制作|独り言 | Name: Nozomi TANAKA