肘折温泉 | Nozomi TANAKA 肘折温泉 – Nozomi TANAKA

肘折温泉

肘折で見たもの、食べたものの記録
 
 
 

▲アケビくらいの大きさの、クロサンショウウオの卵
 
 
 

 

▲水量多めな銅山川。永代橋付近、川の中央に見える岩の一角に浴槽があります。
 
 
 

▲たぬき?のウ○チからたくさん発芽してる
 
 
 

▲イワカガミ。ツヤツヤした葉っぱは高山植物の特徴らしい。
 
 
 

▲カタクリの群生
 
 
 

▲キクザキイチゲ
 
 
 


 
 


▲肘折のブナ林、気持ちよくてだいすき。キツツキが木をつっつく音が響いていた。

 

 

 


▲真ん中がパックリ裂けた朴木に入って遊ぶ


 
 
 

▲雪の重みでひしゃげたガードレール
 
 
 

▲胡桃の木の芽。天ぷらにすると最高。
 
 
 

▲ふきのとう。三浦屋の女将さんに教えてもらったとおり味噌炒めにした。
 
 
 

▲ウルシ

 
 
 


▲三浦屋さんのチャッピー。不安げなまなざし。チャッピーは四年前、山の登り口で拾われた。下半身が麻痺していて足が動かないので、上半体で這ってあるく。そのせいかお客さんにはなかなか心を開かないらしい。お母さんの前ではリラックスしている。
 
 
 


Date: 05/19/2019 | Category: ひじおりの灯|地域 | Name: Nozomi TANAKA