[山]初めてのロープワーク(天狗山)

山を歩くことが増えてきて、自分の安全は当然だけど、誰かを案内するときとか、傷病者が出たときにちゃんと対応できるようにしておきたいという気持ちもあり、講習会に参加してきた。
今回はカラビナ、スリング、ロープを使った簡易ハーネスの作り方や連結方法を教わった。

 

 

カラビナ・スリング(120cmと60cm)

 

<今回習ったロープワーク>

●チェストハーネス

チェストハーネス(写真がなかったので図←てきとう)

 

●ダブル・エイトノット

ネットではダブルエイトフィギュアノットと紹介されているやり方っぽい?ダブル・フィッシャーマンズノットで末端処理をする

 

●クローブヒッチ

 

 

●もやい結び(ボーラインノット)

タープやツェルトの設営をする際に便利らしい。緩みやすいのでクライミングやレスキューの際は必ずフィッシャーマンズノットで末端処理をする。

 

●ダブル・フィッシャーマンズノット

 

 

●クレイムハイスト

急な斜面を下降するときや登る時に使う。結び目を握るとテンションが緩む。

 

●バタフライノット

ロープの中間にたくさん輪っかを作れる

 

室内でロープワークの練習をした後は、近くの天狗山に登って実践。
あいにくの雨模様だったけれど、山頂に近づくにつれて回復してきた。

 

 

 

道中のきのこ探索もとても楽しかった。天然のなめこがあちこちできらきらしていて、森の宝石のように思えた。

 

 

来年からせっかく山の麓に住むことになるので、友人や興味がある人を安全に案内できるようになりたい。


Date: 11/21/2020 | Category: | Name: Nozomi TANAKA / 田中望