山王日枝神社で作品展示+出羽三山神社に作品奉納

12月9日、『大黒様のお歳夜祭り』(主催:大黒様の御歳夜祭り実行委員会、共催:山王神社・山王商店街振興組合)に合わせて、山王日枝神社(山形県鶴岡市)にて作品の展示を行い、その日の午後に、羽黒山の出羽三山神社へ作品の奉納を行なった。展示・奉納した作品は、今年の夏に『アマビエ・街中アート五人展』(企画・主催:鶴岡市商店街連合会・NPO法人公益のふるさと創り鶴岡)で制作したもの。
いずれも、NPO法人公益のふるさと創り鶴岡の事業の一環として実施されたもので、同NPOの阿部等さん、羽黒山伏の先達・星野さん(大聖坊)にお世話になりました。
  
庄内地方では、12月9日を「大黒様のお歳夜」として、各家々でまっか大根(二股に分かれた大根のこと)、ぶりこ(子持ちのハタハタ)、黒豆のご飯、黒豆のなます、豆腐田楽をお供えし、子孫繁栄や無病息災、五穀豊穣をお祈りする風習がある。お歳夜とは神様の歳取りの日のことで、つまりこの日は大黒様が歳をとる日となる。星野さんによれば、この日(12/9の夜)は宵宮にあたり、12月10日がお祭りの日だろうとのことだった。なぜなら、かつての日本の人々にとっては、日の代わり目は”日が暮れた時”、つまり太陽が沈んだらもう”次の日/新しい日”だったので、大黒様のお歳夜を9日の夜に行うのはそのためだろう、と考えられるからだ。また、大黒様のお歳夜は「大黒様の嫁迎え」とも呼ばれている。餅を食べ過ぎて腹痛を起こした大黒様が、農家の娘に二股の大根を分けてもらい、そのおかげで腹痛が治ったという言い伝えが、この行事の由来となっている側面もあるそうだ。お供えの二股大根は女性を暗示していると考えられている。
大黒様のお歳夜で用意する御膳には、まめまめしく、健康でいられること、子宝に恵まれることの願いが込められている。
そしてこの日は、大黒舞が各家々を門付けしてまわる。赤い頭巾にちゃんちゃんこ、手には扇子と金の小槌という、大黒様の衣装を纏った女性たちが舞う姿は、まさに絵巻から大黒様が飛び出してきたようで、とても愛らしい。
 
先に述べたように大黒様のお歳夜は各家々で行うものだが、鶴岡市山王町では、地域の芸能・文化継承のために、『大黒様の御歳夜祭り』を企画し、中心商店街での大黒舞や大黒様料理の注文承りなど実施してきた。例年は、日枝神社にて、神事や大黒舞の奉納の後に、大黒様料理のお弁当をみんなで食べたりするのだが、今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、神社にて神事のみ執り行い、その後は商店街のなかで数カ所を門付けして回った。
家内安全・商売繁盛・悪病退散といった言葉は、地域行事やお祭りごとの常套句のようで、自分はいまであまり深く考えてこなかったけれど、現在のような状況になってみて、この言葉が身体感覚を伴った切実なものだと思えるようになってきた(気がする)。
ちなみに、2012年には山王日枝神社にも作品を奉納している(こちらもNPOの阿部さんの働きかけによって)。自分が心を寄せる土地に作品を納めてもらえることや、実際に奉納をしてみないと体験できない神事に参加できたりして、阿部さんをはじめいつも貴重な機会を与えてくださる庄内の皆さんに心から感謝しています。
 
 

 


 

山王日枝神社にて、祭壇に作品を置いて頂いた


 

大黒様のお供え:恵比寿様と大黒様がセットでならぶ。手前にあるのがまっか大根。


 

左下がハタハタ。毎年この日、鶴岡市の鮮魚店は朝からハタハタを焼く作業に追われる。


  

山王日枝神社にて大黒舞の奉納


 

日枝神社での神事の後に商店街を門付けしてまわる


 

お座敷にあがり大黒舞を行う


  

羽黒山の三神合祭殿で奉納奉告祭が斎行された。最後に記念撮影。

 


Date: 12/10/2020 | Category: お知らせ|制作|地域|展示| | Name: Nozomi TANAKA / 田中望