Archive

Category

益子取材(西明寺)

7/22-24、益子取材その1。
22日の夜9時すぎに益子の滞在宿「民宿とき」に着く。素早く動く黒い魔物と格闘した後、就寝。
 
翌23日は朝10時に民宿を出発。この日の目的地は西明寺、高館山、綱神社。そして上大羽で「塩荷坂」の情報を得ること。
「塩荷坂」の記述を見つけたのは『益子の文化財』(発行=下野新聞社)のp48-51、「大羽から笠間へのルート」のうちの、「谷沿いのルート」の箇所だ。
益子の場所性を探る過程で、「内陸部の益子の人々はどのように塩を得ていたのか?」ということが気になり、5月下旬から当地域の「塩の道」のことを少しづつ調べていた。
ネットで「茨城 栃木 塩 道」などで検索すると、「金山峠」や「境松峠」といった、かつての道の名が出てくる。
 
(参考にさせて頂いたリンク↓)
http://www.city.hitachiomiya.lg.jp/data/doc/1393321728_doc_1_6.pdf
http://wasura.blog86.fc2.com/blog-entry-1102.html
http://www.geocities.jp/saitamatouge2/touhoku/20170131/170131.html... 続きを読む


Date: 07/22/2018 | Category: フィールドノート|益子 | Name: Nozomi TANAKA / 田中望

 

クロストークを終えて

先日7/15、塩釜市杉村惇美術館で開催中の展覧会の関連イベントとして、石倉敏明さんとのクロストークを行いました。
石倉さんは、作品だけでなく制作プロセスにおいても、深く受け止めて言葉を与えて下さるので、本当に私にとって得難い先生の一人です。そういう訳で、今回のトークでは、場所と関わりながら制作していく上での悩みになどついて、相談させて頂きました。... 続きを読む


Date: 07/17/2018 | Category: メモ|展示 | Name: Nozomi TANAKA / 田中望

 

【お知らせ】クロストーク「場所をめぐる話 −記録と創造の間から−」

7/15、塩竈市杉村惇美術館での展示の関連イベントとして、石倉敏明さんとのクロストークを行います。(ぜひ石倉さんをお呼びしたいと、私のわがままでお願いしました…。)
トークの副題にある「記録と創造の間」は、私が常々悩んでいることです。おそるおそる「場所」に飛び込んで、その中から何か「問い」を見つけて、そうした問いを「作品」として形にしていく、という一連のプロセスから、今のところ実感していることは、「場所」というのは確固たる実在としてあるというよりも、私自身の「場所」に関わる姿勢(観察態度?)によって、さまざまな意味を持って現れるものなんじゃないかということです。そして、そうだとしたら、自分はどうやって場所を観たり、体験したら良いのだろうか、ということがまず問われるのだと思います。(その生じた「問い」をどうやって形にすればいいのだろう…という所でも、また悩んでしまうのですが。)
地域アートの広まりと関係して、場所・場所性を問うような芸術実践は昨今非常に増えている印象があるのですが、そうした事例も紹介しつつ、あまり堅苦しい話にはせず、私自身の経験から実感していることや、自分にとっての課題、今後の可能性などについて、対話をしながら考えていければと思っています。どうぞお気軽にご参加ください。
イベント詳細は以下のリンクをご確認下さい。... 続きを読む


Date: 07/14/2018 | Category: イベント|お知らせ|展示 | Name: Nozomi TANAKA / 田中望

 

災害支援の参考リンク

この度の地震や豪雨で被災された方々にお見舞い申し上げます。「直接的な被害は受けていないけれど」という方でも、災害に関連して何かと不便な状況が続いているかと思います。
どうしても遠方の地域となると、どうやってこの災害に向き合ったら良いのだろう…という気持ちになってしまいますが、東日本の震災の時もそうだったのかもしれないなと思ったりしています。
SNSの投稿などから、現場に行けなくてもいろいろな支援の方法があるんだなと、いくつか見ていると、この支援は協力して大丈夫なものなのだろうか…と、判断に迷ってしまいます。「現場で必要とされているものが、必要としている所に、なるべく受け取り先の負担が少ない形で届くためには?」。リンク先の記事がそうしたときの参考になるかなと思ったのでシェアします。
 
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180711/k10011528561000.html
(NHKニュースウェブのサイトに飛びます)... 続きを読む


Date: 07/13/2018 | Category: メモ | Name: Nozomi TANAKA / 田中望

 

塩竈取材・京都編(塩竈神社と鹽竈神社)

7/2-4にかけて、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAにて開催された映像ワークショップに参加するため、京都に行って来た。
「そういえば塩土老翁神は西の方からやって来たんだよな…」と思い、京都の塩竈神社をGoogleで検索してみたところ、ちょうど宿泊先のドミトリーの直ぐ近くにあるではないか。最近、塩で頭がいっぱいだったので引き寄せたのかもしれない…。さっそく見て来た。
 
京都の塩竈神社は、観光客で賑わう錦市場の東側、錦天満宮の境内にあった。以前京都を訪れた時に参詣したにもかかわらず、その時は全く気がつかなかった。
 
 

 

 
 
錦天満宮 由緒沿革(HPより引用)... 続きを読む


Date: 07/06/2018 | Category: フィールドノート|地域 | Name: Nozomi TANAKA / 田中望

 

塩竈取材(赤坂とキツネ)

赤坂は権現堂と隣り合う地区で、こちらも古い道や民家が多く残っている。
 
 


 
「六坂の一つで、坂の上部は念仏担と呼ばれた。仙臺街道整備に伴う開削土砂は、西町などの埋立に利用されたと思われる。塩竈集塊岩といわれる安山岩質の赤褐色土壌が名の由来」(石碑文より)
石碑のそばにはマンションが建っているが、かつては越後屋があり、街道の分岐点になっていた。神社の表坂付近は花街で、旅籠屋も多く、賑やかだったことだろう。  
 
 
... 続きを読む


Date: 06/27/2018 | Category: フィールドノート|地域 | Name: Nozomi TANAKA / 田中望

 

塩竈取材(権現堂・秡川)

先日訪れた際、歩きながら気になったのが、赤坂〜権現堂周辺。
今回も再びこの周辺を歩いてみた。... 続きを読む


 

鹽竈取材(塩作りの工房へ②)

6/26 (火) 晴れ のち 曇り
 
塩作りの及川さんのもとへ2回目の訪問。
先日は見れなかった、大きな釜を焚いている現場を見せて頂いた。... 続きを読む


 

塩竈取材(岬の稲荷神社②払ヶ崎稲荷神社)

岬の稲荷神社①小室ヶ崎稲荷神社の続きです。... 続きを読む


Date: 06/23/2018 | Category: フィールドノート|塩竈 | Name: Nozomi TANAKA / 田中望

 

塩竈取材(岬の稲荷神社①小室ヶ崎稲荷神社)

塩釜の地図を眺めていると、埋め立てによって海にせり出していった平地と、かつて岬だったのではないかと思われる山々とのコントラストに目を引かれる。そして、そうした岬の山々の上には、なにか訳でもあるのかとたずねたくなるほどに、稲荷神社が祀られている。稲荷神社の神使いが狐であることは広く知られていることだが、「なぜ狐なのか」を考えてみると、ともするとありふれていてあまり注視されない(かもしれない)稲荷神社も、いろいろと想像力を掻き立てられておもしろい。
中沢新一氏は『アースダイバー』(講談社)のなかで、「イナリという神様は、死者の国の護り神で、東京の場合だと、稲荷の建っているところはたいてい古代の埋葬所に関係があるとにらんで、まず間違いがない。」(p158)と述べている。それがどういうことなのかは詳しく書かれていないのだけども、塚や洞穴などにつくられたかつての墓を狐が巣にしていたことから、墓の門番のように思われたということなのかもしれない。そういった意味での古いイナリが、どうして稲の神様や商売の神様としての稲荷になったのかは、これからもうちょっと勉強しなければ…。
ともかく、これらのイナリ/稲荷神社の岬の上からはどんな風景が見えるのだろうか?という好奇心から、一つ一つ登ってみることにした。
 
 
1.小室ヶ崎稲荷神社
旭町の山の上にある神社。細く急な階段を登った先にある。... 続きを読む


Date: 06/22/2018 | Category: フィールドノート|制作|地域 | Name: Nozomi TANAKA / 田中望