Archive

Category

【感想】やまもと民話の会 発足20周年のつどい

3月24日・25日、2日間にわたる「やまもと民話の会 発足20周年のつどい -大震災をのりこえ、民話を語りつぐこと-」に参加させて頂いた。

「やまもと民話の会」は、宮城県山元町で、地元の民話を語り継ぐ活動を20年にわたって続けてきたサークルだ。
2011年3月11日の震災では、山元町にも巨大津波が襲った。会の代表を勤める庄司アイさんとそのメンバーの皆さんは、自らも津波に流された被災者でありながら、避難先の体育館でいち早く聞き書きを始めた。その当時アイさんの手元にあった道具は、広告の裏紙、鉛筆、菜切包丁のみだった。被災した方のお話を聞き、目の前で書き留めるのがしのびなかったので、帰ってきてから広告の裏紙に書き記録した。鉛筆の先が丸くなったら菜切包丁で削った。そして、震災の年の8月、証言集『巨大津波』を発行。それから2012年4月までに、第二集、第三集を続けて発行した。

初日の24日は、『巨大津波』に証言を寄せて下さった地元の方ご自身による朗読が行われた。
証言集の語りということだけあって、そこには物語にあるような曖昧さや、表現の柔らかさというのはない。鬼気迫る体験が、誇張することもなく、「そのまま」語られているような印象があった。物質や身体の重さ、ブロック塀や建物の硬さ、水に濡れた布の冷たさ、庭から家の2階に駆け上がるまでの距離、おばあちゃんが必死で走るときの遅さ、お隣さんの声が遠のく感じ・・・。語りによって、記録されたテキストに「手触り」が生まれるようだった。

2日目には、みやぎ民話の会の小野和子さんや、東京学芸大の石井正己教授、そして山元民話の会の庄司アイさんらが登壇してのフォーラムが行われた。「あの日から、これまでの私」をテーマに、震災当時のことから、その後の動き、そして、そうした出来事を通して改めて「民話」について考えたことなど、それぞれの「あの日から」についてお話頂いた。このフォーラムの最後に話題となったのが「子どもたちの未来」に関することで、そのことは、初日の始まりにアイさんが述べた、「民話は命を生み、命を育むもの」という精神が、この2日間のつどいに一貫していたと感じられるものだった。大津波から7年が経った。津波を知らない子どもたちが小学校へ上がってくる。それと同時に、あの経験が今なおトラウマになり、津波の映像を見ると気分が悪くなったり、気絶までしてしまう子がいる。そうした子どもたちが、同じ空間にいるという状況がこれから生まれてくる。「忘れない」と言うのは容易いが、それをどのように伝えて行けばよいのかは、これからの我々の課題であると同時に、子どもは大人が思っている以上に「強い」もので、きちんとした言葉で伝えれば彼らなりに受け止めて成長していくのだから、案じずぎることもないのではないか、というあたりで終了時間となった。

この二日間のつどいに参加し、初日の当時のお話では、その瞬発力とエネルギーが、本当にすごい事だなと、途方もない気持ちになってしまった。民話をしてきた方の本当にすごいなと思う事は(いろいろあるけれど)、この緊急時に、それまで行ってきた「しっかり聞く」ことと「話し手が話したように記録をする」という事を即座に行ったという事で、この記録は必ずいろいろな形で生かされていくのだと思う。私などは、沿岸部の方を訪れても、そこまで踏み込んで「聞かせてください」という事が出来ない。話をきちんと受け止められる身体になっていないのが自分で分かるので、相手の懐に飛び込めない。ことに震災後は「聞く力」が試される場面が増えたように思う。... 続きを読む


Date: 03/27/2018 | Category: イベント|メモ|地域 | Name: Nozomi TANAKA / 田中望

 

【読書メモ】『宮沢賢治を創った男たち』著・ 米村 みゆき

『宮沢賢治を創った男たち』、とても気が重くなるタイトルだけど、毎夜のたのしみに読み進めた。地方=辺境=前近代の場所としての「東北」に賢治の芸術性を結びつける眼差しが、いとも容易く土着さの称揚となってゆく。全く比べるのはおこがましいけど、この居心地の悪さを私も度々感じている…。東北という言葉は、西からの眼差し(東北という方角への一方向的なフレーム)という感じがして、私はどうにもなじまないけど、東北の人でも東北が自らの場所として内面化されていたりするし、不思議な言葉だなと思っている。
本書を一通り読んで、ひとりの詩人が国民的な芸術家となっていく政治性について考えさせられた。『雨ニモマケズ』は、「日本の精神」という神秘性(評価)が与えられることによって、「聖句」的な影響力を持つことになる。「魅力的な」芸術は、作者の意図を離れてひとり歩きする。その芸術性を利用される危うさは、いつの時代の芸術家にとっても同じことだろう。... 続きを読む


Date: 03/26/2018 | Category: メモ| | Name: Nozomi TANAKA / 田中望

 

「星空と路・上映室」の感想

2月24-25日、3がつ11にちをわすれないためにセンター(せんだいメディアテークの震災関連事業です)が毎年開催している「星空と路上映室」がありました。今年の上映室は「暮らしの行き先」というテーマのもと、震災に関連した様々なことがらの記録映像が上映され、(一応仕事ですが)私も参加者としてたのしみました。
震災による被害の状況や変わりゆく地域の姿を、客観的に記録した映像というよりも、記録者一人ひとりの想いや言葉がいろいろな形で介入し、その場の状況が展開していくような(?)映像が多かったような気がします。
初日の24日には、小森はるかさん(映像作家)、建築家の佐藤研吾さん(建築家/歓藍社)、進行役に成瀬正憲さん(山伏/日知舎)をお招きしてのトークイベントがありました。
http://recorder311.smt.jp/information/57244/#after
小森さんの『根をほぐす』と、佐藤研吾さん(歓藍社)の『In-Field Studioの試み−大地からHumanityを組み立て直す−』は、どちらも自分たちの手で(技術で)場所を作り直すような営みを記録した映像ですが、これらの二つの映像作品について、「暮らしの行き先」」というテーマに引き寄せつつお話を伺いました。(ということで合っているのでしょうか)
この中で、私にとっては、「震災後に生活を立て直す際に用いられた技術」についての話が、震災というひとつの事象を超えても考えて行けるような、重要な視点を与えてくれたように感じました。
そこに住まう人々が、自在に小さい技術を用いて、もう一度自分たちの暮らしの場を作っていく段階が、わりと震災後の早い段階にはあり(小森さんの映像に映し出される「佐藤種屋さん」のような)、それが、かさ上げや防潮堤などの大きな工事が入る段階になると、人の手に負えないような(個人の意志で作り変えられないような?)大きい技術によって、暮らしの風景から多様性が失われていく(映像の中には入っていませんが、研吾さんのインドでの試みの中でもこれによく似た状況があったそうです)。このような状況は、これまでの復興の過程を振り返ると(私の少ない経験からですが)確かにあったような気がします。その違和感をなんとなく持ちつつも、それがどういうことなのかうまく考えられずにいたのですが、技術という視点からこうして言語化されたことで、改めてこれはとても大事なことだったのではないかと、気づかされたように思いました。
... 続きを読む


Date: 03/01/2018 | Category: お知らせ|メモ|地域 | Name: Nozomi TANAKA / 田中望

 

HPを改修しました

直していたらblogのデータを丸ごと消去してしまいました。
研究メモ的にも使っていたのでちょっと悲しいです。... 続きを読む


Date: 02/20/2018 | Category: このサイトについて | Name: Nozomi TANAKA / 田中望

 

いのちの交歓・トークイベントに登壇しました

一度作成した記事が消えてしまいました。残っていた断片的なメモ書きだけ、振り返りの為に掲載します。... 続きを読む


Date: 02/10/2018 | Category: 展示 | Name: Nozomi TANAKA / 田中望

 

展示の搬入で新潟に行きました

こんな天気でしたが、明日27日より始まる展覧会の設営のため、日帰りで越後妻有に行って来ました。一部の電車で運休も出ており、展示会場の「まつだい」までたどり着けるかどうか心配でしたが、駅員さんに親切にして頂きなんとかなりました。... 続きを読む


Date: 01/26/2018 | Category: 制作|地域|展示 | Name: Nozomi TANAKA / 田中望

 

ならまち取材(2回目)の記録

2016年に参加したアートプロジェクト「古都祝奈良 -時空を超えたアートの祭典-」の取材記録です。
 
作品ページ
 
—-
 
オリエント館オーナーの松山さんは、ならまちに生まれてずっとこのまちを見てきた方だ。... 続きを読む


Date: 05/29/2016 | Category: フィールドノート|制作|地域 | Name: Nozomi TANAKA / 田中望